グラハム ベック ブリュット ブラン ド ブラン 2015

いいもの紹介
スポンサーリンク
Pocket

グラハム ベック ブリュット ブラン ド ブラン 2015
評価:7.5点
コスパ:A
生産:南アフリカ ブレーダーリヴァーヴァレー
品種:シャルドネ100%
価格:2,240円(税込)

グラハムベックは以前にも紹介しましたが、今回は通常のブリュットよりも400円~500円くらい高いブラン ド ブランの紹介。どちらも大変完成度が高く、旨安スパークリングでは真っ先に薦めるグラハムベックですが、ブラン ド ブランのほうがクラシックな感じがします。

通常のブリュットがシャルドネとピノノワールを混ぜているのに対して、ブラン ド ブランはシャルドネ100%だそう。ラベルもやや高級に見えます。肝心の味ですが、これが何とも素晴らしい!

恐らく熟成期間が長いのだと思いますが、シャンパンの味に近いというか、別にシャンパンが優れているとかではなく、シャンパン的な味わいがあるという感じ。樽のせいなのかわかりませんが・・・。通常のブリュットは結構ドライでありながらも、味わいがありストレートにおいしい、という印象ですが、こちらは複雑さがあり、癖みたいなものがあります。これは好き嫌いはわかれると思いますが、手間がかかっているのは間違いなくこちら。

信頼のモトックス

ライムのような爽やかさもありつつ、少し重めというか味わえる樽の熟成感。それでいてやはりグラハムベックであり、ドライ。味も中々濃い。このクオリティのスパークリングを2500円以内で飲めるのは相当凄いことだと思います。数年前より1割くらい上がったとは思いますが・・・。

ブリュットもブラン ド ブランどちらもオススメできますが、どのくらい違うか?といえば、同時に比べなくてもわかるくらい違います。シャンパンぽい樽感や癖、香り、味わいを求めるならブラン ド ブランがいいと思います。一方、ドライでストレートでわかりやすくおいしいスパークリングが飲みたい!ということであればブリュットでいいと思います。シチュエーションでも違うでしょうし、その辺りはどちらが優れているとかの問題ではないと思います。

私としてはどちらも常にストックしておきたいスパークリングワイン。例えばフェラーリのような値段もほどほどで良いスプマンテもありますが、それでも3000円はします。やはりどう考えてもこのグラハムベックのコスパは素晴らしい。機会があれば是非飲んでください!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました