仙禽 オーガニック ナチュール 2021

いいもの紹介
スポンサーリンク
Pocket

仙禽 オーガニック ナチュール 2021
評価:8点
コスパ:C
価格:2,000円(税込) 720ml
購入場所:ネット
製造元:仙禽(せんきん)

夏酒として良い、 仙禽のかぶとむしが非常に良かったことから、他のものも飲んでみようということで、実家に送りつけて親と共に飲みました。人によって好みは違うものですが、最近特に酸がいい感じでない日本酒にあまり魅力を感じなくなり、来福や七田なども一緒に飲みましたが、明らかにこのお酒は酸が強く、特徴出ているなぁという感じ。父親は来福のほうが好みなようで、確かにふくよかさや、飲みやすさ、みたいなものを考えると来福のほうが好みという人は多いかもしれません。

余談ですが、この写真のグラスは30年ほど前のもので、HOYAのものです。まぁそれはいいとして、飲んでみると、自然派というのが何となくわかり、名前の通りナチュラルな甘み、スムースさがあります。そして何といっても酸が素晴らしい。仙禽かなり好きかもしれん。このくらい大胆に酸が感じられる日本酒はあまりなく、それでいてバランスもいい。ワイングラスで飲んでもいいかもしれません。

精米歩合が90%と普通では考えられない削らなさなわけですが、それを感じさせないというか、90%だからこそ、しっかり味わいがあるという感じでしょうか。それでいて飲みやすく、雑味もないので完成度が高い。

仙禽はドメーヌ化しているので米まで自前でつくり、オーガニック米らしく、製造も木桶を使い、生もと造り。ただ単に伝統的な製法でつくられただけではなく、味わいはモダンであるのが不思議。酒母は出来上がるまでに40日ほどかかり、通常の3倍の時間がかかっているようです。経営でいったらROA悪くなるので、かなりのこだわり。米も山田錦のようなパワフルさがありますが、古代米と言われる栃木県産有機農法亀ノ尾だそうです。

値段が2000円と高いのは仕方がない気がしますが、純粋に純米吟醸~純米大吟醸を変える値段なことを考えるとちょっとつらいところではありますが、好みはあれど、他では中々味わえないと思います。仙禽の他のお酒も飲んでみたくなりました。酸をしっかり感じたい方には非常にオススメです。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました