日本橋 玉ゐ 室町店

いいところ紹介
スポンサーリンク
Pocket

日本橋 玉ゐ 室町店
評価:8.5点
コスパ:B
東京都中央区日本橋室町4-3-6
予算目安:3,000円~4,000円

玉ゐは日本橋に本店があり、ほど近くに室町店があったり、銀座のバーニーズニューヨークの入っているビルのレストランフロアにもあります。最初に行ったのは銀座のほうでしたが、今回は室町店に行き、同じくおいしかったので紹介となります。

銀座のほうがビルの中にあることもありモダンですが、こちらは昭和~~~って感じの建物。コロナで仕方ないのかもしれませんが、テイクアウトの宣伝が店の品格を落としているような気がしてなりません(笑)

店内に入ると2階に案内され、開店とほぼ同時にいったのでガラガラ。すぐに何組か入ってきたのでこんな状況でも人気がありそうです。随分古い建物で逆にそれが風情となり、綺麗にはしているので不快な気はしません。

玉ゐのどの店舗でもある一番スタンダードなものは箱めしと言われるものだと思いますが、銀座で食べたときは、関西風と関東風が選べて、両方食べることもできましたが、この室町店は関東風のみだそう。その代わりではないんでしょうけど、参のせという室町店限定らしいメニューがあったので、それと穴子の天ぷらを頼みました。参のせはタレに山椒が混ぜてあったり、3種類の味の違いが楽しめるものだそうです。

穴子の天ぷらは2000円もしたので、高いなぁとか思っていたら、凄い量が出てきました・・・。一本丸ごとどころか小さい穴子なら2本くらいある量。そういう意味では安い。そして揚げ方も中々よく非常においしく頂けました。塩でもつゆでもどちらも合います。

そうこうしていると、参のせが登場。どこの店舗で食べてもクオリティは変わらないと思いますが、今回はいろんな味の穴子が楽しめて良かったです。しっかりした味のタレですが濃いという印象も持たず食べやすい。満足できますし、大体3分の1くらい残して、出汁を別注(200円)すれ、最後は出汁を入れて食べることができます。一点ダメなところは、わさびが本わさびではないので、この値段を取り、伝統があり、プライドがあるなら、本わさびを使ってほしいところです。

鉄瓶にいっぱい出汁が出てくるので、薬味や穴子をお椀に入れ食べます。非常に出汁も優しい味で、塩味も丁度いいので単なる味変というよりは、満足いく〆な感じを楽しめます。鉄瓶は非常に風情があり良いなぁと思いました。

総じて安くはありませんが、天ぷら頼まなければ3000円程度。鰻に比べれば安いとは言えますが、気軽に行ける値段ではないとは思います。ただ、クオリティを考えれば決して高くはないと思いますし、少し贅沢なランチでも食べるか~、とか人によっては懐かしい感じもするであろうこの穴子料理は、結構貴重であり、年に1.2回行くにはとてもいいのではないかと思います。私はそんな感じの頻度で行ってるかな~。日本橋や銀座に用事があるときは是非ランチの選択肢の一つに入れて頂ければと思います。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました