アリアニコ デル ヴルトゥレ ピアーノ デル チェッロ ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ 2016

いいもの紹介
スポンサーリンク
Pocket

アリアニコ デル ヴルトゥレ ピアーノ デル チェッロ ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ
評価:8.5点
コスパ:A
生産:南イタリア バジリカータ州
品種:アリアニコ
価格:3,400円(税込)

名前はどこを取ってなんて省略すればいいかわかりませんが、たぶんピアーノ デル チェッロでいいと思います。ファルネーゼグループのワインです。ファルネーゼのワインは安くて旨いという感じですが、その中では今回のワインは少しお高めのワイン。

アリアニコは個人的に好きな品種なので、いろいろ買っているときに、今回のワインを発見。個人的にはアリアニコのワイントップ3に入ります。ちなみに片鱗はピポリという同じくファルネーゼが手掛けるワインで感じることができ、1,500円くらいで買えます。

色は赤黒く、香りもすぐに立つので、飲まなくてもフルボディとわかる力強さ。飲んでみるとやはりまず濃い!コクっていえばそうなんでしょうけど、濃い。次にタンニンを感じますが、15分くらい経てばまろやかになる感じ(本当にそうなりました)。あとはネギっぽさと鉛筆の芯というかウッディな感じです。そうはいってもベリーが強いので甘さもあり、ストロングなワイン。

非常に明るいワインであり、濃くて、ベリーの甘さがあるこういうタイプのワインは、イタリアにしかなく、また3,000円は少なくともするよねって感じの味です。このベースがあって、品種などの違いで変わってきたり。あってるかわかりませんが、アリアニコはモンテプルチアーノとかに近い気がします。また、このワインはアマローネっぽさも何となくあるような(というかアマローネがいかにもイタリアって感じなんですけど)気がします。例えばバローロなんかだと繊細さや、味わいも全然違いますし、同じくイタリアらしいわけですが、今回紹介のワインは飲みやすく、万人に受けるのではないでしょうか。

確かに繊細さはほとんど感じられませんが、複雑さはある程度あますし、なんせこの味わいで3,400円程度なのが素晴らしいコスパ。みんなでワイワイおいしく飲めるワインではないでしょうか。そして、パーティやちょっとしたプレゼントにおすすめの一本です。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました