會津 宮泉 純米酒 火入

いいもの紹介
スポンサーリンク
Pocket

會津 宮泉 純米酒 火入
評価:7点
コスパ:B
価格:1,540円(720ml)
購入場所:ネット
酒造:宮泉銘醸株式会社

ネットでお酒を買うときに、大体送料がかかり、6本まで同じ送料だったりすることが多いので、まとめて買いますが、日本酒においては結構悩ましい問題があります。ワインは多少の値段の違いはあれど、幅広く扱っている店舗はいくつかあるので、6本は買いやすい一方、日本酒の場合、確かに豊富な品揃えだけど、ある銘柄が欲しいときに、ついでに違うものを買う、ということがとてもしにくい・・・。ネットの店でも地元に強かったりするけど、全国のお酒はそれほどないとか・・・。

そんなこんなで、実は風の森を数種類飲みたくて探しており、結構な品揃えのところを見つけ、4本ほど買いましたが、残り2本どうしようかなと思っていて、作もそこにはあったので1本買い、残りはそーいえば冩楽(写楽)って結構おいしかったなーという記憶があったので、ないかな?というところで見たら、そのサイトでも売り切れ。ただ同じ酒造の宮泉という純米酒が売っていたので買ってみるかと思った次第。実際飲んでみたらおいしかったので掲載となりました。

精米歩合は60%なので吟醸といってもいいのかもしれませんが、最近は60%を純米、50%を純米吟醸みたいなところも結構あるように思います。さて、この宮泉、飲んでみると、あら、これは中々うまいじゃないか、と感心しました。というか、これたぶん写楽と同じでラベル違うだけじゃね?みたいにも思ったり・・・。ロットこそ違えど、たぶん同じだろーと思い調べてみたら、たぶん同じですね。七田と同じように県内に出すお酒は天山といい、全国展開には七田というみたいなものだろうと思います。

さて、写楽とも宮泉ともいえそうなお酒ですが、甘み、フルーティさ、キレ、酸などがうまいこと融合していると言えます。あとは良い意味でセメダインな感じ(笑)そして柔らかすぎなく、ふくよかさみたいなものもあるので、極端な軟水ではないような。かといって硬水でもないような。中硬水くらいなんでしょうかね。わかりませんが(笑)

残念ながら米の種類が書いてありませんでしたが、奇抜なものは使ってないような。山田錦なのか五百万石なのか、そのあたりだとは思いますが、これも私ごときではわかりません(笑)

あとは、火入れを2回しているのかわかりませんが、2回しているとしたら結構驚きのフレッシュさがあります。1回ならありうる感じではないかとは思いますが。いずれにしてもバランスが素晴らしいこのお酒、唯一個人的な好みで言えば、後味に苦味があり、これは結構多くの日本酒で感じますが、それが私は好きではないので、そこは気になりました。大体純米吟醸とか大吟醸とかになってくると、そういうのが無くなる場合があったりするので、今度はもうちょっと米削ったやつを飲みたいと思います。このバランスを保ちつつ、洗練され、苦味のひっかかり(苦味自体が嫌いなわけではないですが)が軽減されれば、相当お気に入りのお酒になると思います。

価格はまぁ普通と言ったところでしょうか。吟醸と考えれば安いかもしれません。いずれにしても中々オススメでリピートをしたいと思うお酒はそんなにはないので、一度試してみてください。そしてもし写楽と中身全然違うんだけどって話ならすみません(笑)

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました